夏が近づいて、からだの露出が増えてからムダ毛を気にし始めても遅いですよね。
来年の夏こそは~!ということで、涼しくなったころから、少しづつ脱毛について考え始める人も多いかもしれません。

だからなのか、脱毛サロンの方でも、クリスマスキャンペーンや、お正月キャンペーン、バレンタインキャンペーンなんて感じで、冬には、ちょっとお得なキャンペーン展開が始まったりします。

冬から始めて、来年の夏にはツルツル!の自分を想像するのは嬉しいものです。

さて、発毛のサイクルはご存知ですか?

発毛には「成長期」という文字通り毛が成長する時期、「退行期」という成長が止まり、毛が抜け始める時期、「休止期」という、毛が抜けたあと発毛の活動を停止してしまう時期という風に分かれていて、これはそれぞれ1~2か月の間をあけて、繰り返されます。

この中で、脱毛処理ができる時期というのが、成長期と後退期で、脱毛の効果があるのは成長期の毛だけになります。

だいたい脱毛に通う期間が、この発毛サイクルを考えて、2~3か月に1度を6回というのが目安と言われています。

納得のいく状態になるまで1年から1年半。

意外と時間がかかるものですね。

発毛サイクルは人によりますが、2か月サイクルなら夏スタート。3か月サイクルなら秋~冬スタートというところでしょうか。

まずはカウンセリングを受けて、自分の脱毛サイクルを知ると、うまく目標を定めやすいですね。

やっぱり自己処理したい♪家庭用脱毛器の選び方

今では、すっかり敷居が低くなったサロンや病院での脱毛。

お値段も昔のようにかからないし、中高生や男性までも利用しているという話し。

でもやっぱり自己処理派というのは、存在するものです。

恥ずかしかったり、なんだか怖かったり。

通うのも面倒くさい。

それに、いろいろ勧誘されたりするのは嫌だなあ~というところでしょうか?

でもカミソリや除毛クリームでなく、ちゃんと脱毛はしたい!なんてワガママだけど、それに応えてくれるのが、家庭用脱毛器です。

ネットで検索してみると、よくわかりますが、とにかく家庭用脱毛器は種類が様々、値段も様々。

安い!と思って喜んで購入すると、脱毛とうたいながら実はただの除毛器なんてこともありますので、要注意。またカートリッジやジェル代が別にかかったりして、結局、高い脱毛器と変わらないなんてこともあります。

初めは、ワキや腕、脚の脱毛だけが目的でも、そのうち背中やVラインなども脱毛したくなったときに、その機械ではVラインは使用できないなどということもありますので、購入するときは脱毛範囲なども確認した方が良いですよ。

また、一番気になる「効果」。毛のタイプや量なんかも関係してきますが、やはり効果が一番わかりやすく出るのが「価格」かな?と思います。どこで折り合いをつけるか難しいですが、後悔ないように選びたいですね。

sp-kanri