脱毛をするとき、痛みに弱いひとは覚悟が必要です。

施術方法や部位によって、痛みのレベルもずいぶん違うとは思いますが、まったく痛くない脱毛ってないんでしょうか?

ネットで「痛くない脱毛」で検索すると、まっさきに出てくるのが、ディオーネの「ハイパースキン脱毛」です。

サロン経営の方が、毛深いと悩んでいたご自分の小さいお嬢さんのために、肌にダメージを与えず、子供にも痛くない脱毛法を開発しました。

発毛には成長期、退行期という、毛が成長したり抜けたりする時期と、休止期という発毛が行われない時期を2~3か月毎に繰り返して毛が抜け替わるようになっています。

普通の脱毛では、このサイクルの中の「成長期」と「退行期」中に行われなくては効果がないと言われているのですが、なんとハイパースキン脱毛では、毛が抜け落ちたあとの休止期に行い、発毛すること自体を予防するという方法だそうです。

なので、熱い光やレーザーで毛根を焼き切るようなことはないため、痛みや肌への負担が少ないというわけです。

逆転の発想ですね。

しかし、子供もできるということで人気のサロンではありますが、効果のほどはイマヒトツという意見が多いようです。

他には、「クリニックへ行くと麻酔を使用してくれる」「新型のレーザー脱毛は痛くない」という意見もありましたが、それでも「痛かった」という意見も多数です。

やはり脱毛には、多少の痛みは覚悟が必要かもしれませんね。

脱毛サロンと美容クリニック。どちらを選びますか?

周りでよく聞く話しでは、はじめはエステサロンに通ってみたものの、結局効果が得られず、クリニックの脱毛を選ぶというパターン。

なんとなくわかる感じもします。

エステサロンは、料金の価格設定や、居心地の良さなどが魅力的。

初めての脱毛体験だったりする身には、気軽さが好ましいところです。

一方、クリニックの方は、まず料金設定が高い。

それに効果が高いと言われると、何か強い薬でも使うんじゃないのかなんて考えちゃう人もいるかもしれないですね。

さて、サロンとクリニック。もっとも違う点は、やはり医師免許を保持しているものが施術するか、しないかの違いです。

そして、クリニックの場合、脱毛時の肌のトラブルなどの対応ができるようになっていますが、サロンではそれができません。

例えばサロンで一般的な光脱毛器。

やけどなどの肌への負担をかけないように、光の出力を低く抑えています。

その分、効果が出ないのは仕方がないことかもしれません。

結局、雰囲気、値段、効果。

自分がどれを優先するかで自ずとどちらを選ぶか決まっていくと思います。

ただ、サロンとクリニック、どちらを選んだとしても、共通していえるのは、辞めたくなったときにトラブルなく辞められるようなシステムを取り入れているところがいいですよね。

効果がなく辞めようと思っても、お金が戻ってこないなんてことがないように、カウンセリング時にしっかり話しを聞いておくのが大切ですね。

sp-kanri