デリケートゾーンの臭いが病気のサインの場合もあります。
一応婦人科の病気のせいで、おりものが多くなったり、匂いがきつくなる時には注意してください。

性交渉後、生理前後などは、おりものの量や色が変化します。
処女の方はなかなかわからないかもしれませんが、もし彼氏が病気を持っていると、性行為でうつることもよくあります。

また、おりものとともにかゆみも伴うことがありますし、風呂で石鹸で洗っても治らないですね。
変化のある臭いやおりものについては、少し敏感になっても良い場合があります。

デリケートゾーンの臭いの病気で考えられるのは、トリコモナス膣炎、淋病、細菌性膣炎などがあります。
おりものがカッテージチーズになった場合は、カンジダ膣炎です。
これは一般的な病気で、においがきつくなって、すごくかゆくなります。
原因は、膣内までの洗いすぎです。

夏などは、デリケートゾーンを無理に洗ったり、膣内洗浄も気を使います。
確かに汗なども気になりますが、あくまでも膣内は入念に洗わず、石鹸も弱酸性などのものを使用すると良いでしょう。

病気が疑われるときには、すぐに病院に行きましょう。
上記のようなものだけではなく、子宮頸がんや子宮内膜症などもデリケートゾーンの臭いが気になります。

体臭や腋臭は全くないのに、急なデリケートゾーンの臭いやおりものの変化、体調の変化には気をつけましょう。
婦人科に行くのは、少し恥ずかしいですが、アソコの臭いが気になるときはしっかり確認しましょう。

sp-kanri